チャンピックスの値段は禁煙外来と個人輸入どっちが安い?

チャンピックスは禁煙をするために開発された経口禁煙補助薬です。
製造しているのはアメリカの大手製薬会社ファイザーです。

そんなチャンピックスを使って禁煙する方法は二つあります。

①禁煙外来を受診して12週間のプログラムを受ける(条件付きで保険適用)
②チャンピックスのみを個人輸入して服用する

禁煙外来の保険適用は一応条件付きと書いてありますが、
それなりの年数喫煙者で、1年以内に禁煙外来で挫折していなければ
ほぼほぼ保険適用で禁煙外来を受診できるでしょう。

この記事で紹介したいのはチャンピックスの値段です。
禁煙外来を受診する場合、チャンピックスの代金以外にも診察代がかかります。

ただ保険適用の3割負担で考えると20000円ぐらいです。
上記はチャンピックスの値段だけではなく、診察料や処方箋料なども含みます。

一方で自分で個人輸入した場合のチャンピックスの値段は最安でも27000円程度です。
なので値段の安さだけを考えた場合は禁煙外来に保険適用で通ったほうがお得です。

ただ禁煙外来は5回の通院も含むのでそんなに時間がなくて忙しい方は
チャンピックスを個人輸入してもいいかもしれませんね。

少なくとも1日1箱吸うぐらいの喫煙者であれば、チャンピックスを個人輸入して
12週間だけでも禁煙できれば十分に元は取れますからね。

チャンピックスの値段は禁煙外来と個人輸入どっちが安い?