繰り上げ返済で借金を減らす方法

カードローンや消費者金融では、利息が15%から18%という場合がほとんどです。こうした場合、毎月の返済日に最低の返済金額を返済していると、取り立てはされませんが、元金はあまり減っていきません。だらだらとこの状態続けるだけではなく、完済までに次の借金をしてしまうこともあり得ます。そこで、毎月の返済額を増やして、繰り上げ返済することで、すこしでも早く完済できるようにする方法を検討すべきです。
 たしかに、毎月の返済だけでも大変な状況で、返済額を増やすのは、収入が増えないなら節約するしかありません。簡単ではなくとてもつらいです。しかし、利息は複利で計算されますから、繰り上げ返済すると、返済期間が短くなり、元本だけではなく利息分も少なくなります。返済しなければならない総額が減りますから、効果は非常に大きいのです。ただ、毎月の返済額を増やすには、收入と支出をコントロールしなければならず、強い精神が必要です。毎月の返済額を増やさなくても、一時的にお金が入った場合は、まず借金の繰り上げ返済をすることで、負担が大きく軽減されます。
 一方、住宅ローンの場合でも、繰り上げ返済は有効です。お金の余裕があるときは、完済までの期間は短くできます。しかし、お金に余裕がない場合には、生活費を切り詰めることになるので、楽しく生活できないかもしれません。また、病気や事故などに対応できなくなるかもしれません。一時的に多く返済して、返済期間を変えず、毎月の返済額を減らそうとしても、期間が長いため、毎月の返済が数千円しか安くならない場合もあります。
 以上のように繰り上げ返済は効果がありますが、人により事情が異なります。カードローンや消費者金融の場合には、過払い金返還請求できる可能性があるなら、まずそちらを検討しましょう。また、住宅ローンも含めて、利息のより少ないところへ借り換えるなどの方法も比較検討してください。
カードローンの返済額を減額する唯一の方法

繰り上げ返済で借金を減らす方法

美容と健康に始めた水泳に今ははまりました。

40代も終わりに近づき、体力も若いときのようになくなってきました。
それだけではなく、運動不足と体重増加にともない、手やひざなど間接があちこち痛くなってきて、一時期はマッサージと病院のはしごでした。
このままでは自分の体を維持していけない!と焦りだし、痛みが和らいできたところでスイミングクラブに行くことにしました。
水泳なんて20年ぶり。
最初は泳ぐなんて無理だと思ったので、とりあえず誰でも気軽にできる水中ウォーキングに参加しました。
しかし、水中の負荷は思った以上に強烈で、まっすぐ歩くだけでへとへとに。
翌日はあちこちが筋肉痛でした。
体を動かすのはとても気持ちがよく、しかもひざの痛みも水中だととても楽でした。
反対に太ももやふくらはぎは半端ないくらい疲れますその日はぐっすり眠れるし、食事もおいしいし、(食べ過ぎには注意ですが)とてもストレス発散になりました。
最初は週1回でもキツかったのですが、今では週2回、土日も空いてる時に顔を出したりしています。
体重の方は3キロ減したくらいなので、油断するとまたすぐ元に戻ってしまいますが(笑)。

管理人のお世話になってるサイト⇒アビエルタのディープモイストクリームを割引で購入

美容と健康に始めた水泳に今ははまりました。